ロト6を買った時の経験談

昔は、宝くじといえば夏と冬二回のチャンスって決まっていたようなものですが、今は年がら年中買えるようになり、しかもロト6とかは確率を計算すると従来の宝くじに比べて的中率が高

ロト6を買った時の経験談
ロト6を買った時の経験談

44歳 男性の話「昔は、宝くじといえば夏と冬二回のチャンスって決まっていたようなものですが、今は年がら年中買えるようになり、しかもロト6とかは確率を計算すると従来の宝くじに比

昔は、宝くじといえば夏と冬二回のチャンスって決まっていたようなものですが、今は年がら年中買えるようになり、しかもロト6とかは確率を計算すると従来の宝くじに比べて的中率が高いような事を言っていた人がいる気がします。
その真偽の程はともかくとして、殆ど宝くじに手を出さなかった私でも、たまにロトは買うようになりました。
そのきっかけは、何と言ってもネットバンクの便利さによるところが大きいでしょう。自宅でネットをしながら、ふと思い立ったら買ってみる。その習慣は今でも続いています。
私の経験では、まだロトは当たっていないのですが、毎週のように買えるって事で、気持ちの面が明るくなったような気がしています。外れるのは一瞬ですが、その時の残念さよりも、当たるかもしれないって期待を抱ける時間の方が長いし、その長さも一週間程度って言うのが、丁度いいスパンなんだろうと思っています。
一ヶ月も待つような、しかも次のチャンスは一年後なんて宝くじよりも、余程私の精神衛生面への貢献度は高いだろうと思います。人間、期待できる時間が長続きすれば、それだけ希望を持って生きる事が出来ますから。

Copyright (C)2017ロト6を買った時の経験談.All rights reserved.