ロト6を買った時の経験談

会社の同僚は、毎週金曜日仕事が終わった後、電車に乗る前にロト6を購入してから帰るのが恒例になっています。

ロト6を買った時の経験談
ロト6を買った時の経験談

36歳 男性の話「会社の同僚は」

会社の同僚は、毎週金曜日仕事が終わった後、電車に乗る前にロト6を購入してから帰るのが恒例になっています。
私は、その間タバコを吸いながら待っているのですが、ある時、次週の木曜日の抽選日は私の誕生日だから、運気が上がっているかもしれないから、試しに買ってみたらと勧められ、たまには買ってみてもいいかという気分になり、一緒に買う事にしました。

私は買い方が全然解らなかったのですが、クイックピックという機械にランダムに数字を決められるのはつまらないので、生年月日と自分のやっているフットサルの背番号、会社のロッカーの番号などで数字6つを塗りつぶしました。
宝くじのように勝手に印刷されたくじを買うより、自分で数字を決められる分、ロト6の方がハズレた時も多少納得がいくような気がしました。

結局、次の週の抽選日には5等にもかすりませんでしたが、その後もちょいちょいロト6を買う機会が増えていきました。

しかし、自分の性格上、当たるまではこの最初に塗りつぶした数字を変えたくないと思っています。

Copyright (C)2017ロト6を買った時の経験談.All rights reserved.