ロト6を買った時の経験談

今やいろんな宝くじが楽しめる我が国日本。

ロト6を買った時の経験談
ロト6を買った時の経験談

40歳 男性の話「今やいろんな宝くじが楽しめる我が国日本」

今やいろんな宝くじが楽しめる我が国日本。色々あり過ぎて当惑している人も多いかもしれませんが、仕組みを知ればどれも単純な宝くじで、運試しに最適なものだと思います。
私がロト6を買った時も、そんな感じでした。
待ち合わせでかなり早くその場所についてしまい、暇な時間を持て余し、たまたま近くに宝くじ売り場があったので、何気なく暇にまかせて読んでいたロトの説明がきっかけでロト6挑戦してみることにしました。
一口200円ですから、当たればラッキー、外れても時間つぶし料、という運試しな感じです。

ロト6は、受験の時のようにマークシートに自分で好きな数字を選ぶ方式です。
マークシートにはちょっと懐かしい気分になりました。
私が挑戦した時は、抽選日は週に1回だったのですが、今は2回になっています。ロト6に挑戦した事で実際に分かったのは、抽選日を待つ楽しみが出来た事でした。
長くても1週間。
その時に、ロト6に初挑戦したという事もあるかもしれませんが、抽選日を待つ日まで、ちょっとしたワクワク感が生まれたのは大発見です。
キャリーオーバーがある事、期待値が高い事もロト6の魅力だと思いました。
配当金も、5等以外は固定ではないのも面白いと思います。
初挑戦した時は外しましたが、暇があったり見かける毎に、ロト6に挑戦する事にしました。
他にも、ミニロトだとか、ロト7、ナンバーズがあるので、待ち時間がある時に挑戦してみたいです。

Copyright (C)2017ロト6を買った時の経験談.All rights reserved.