ロト6を買った時の経験談

日本でロト6が発売になる前から、ロト形式のくじがアメリカでは発売されていて、当選金額が積もり積もって何十億円にもなる、というのを聞いていました。

ロト6を買った時の経験談
ロト6を買った時の経験談

45歳 女性の話「日本でロト6が発売になる前から」

日本でロト6が発売になる前から、ロト形式のくじがアメリカでは発売されていて、当選金額が積もり積もって何十億円にもなる、というのを聞いていました。
当選者は、当然のことながら全米のニュースでその当選を報道されることになって、実名も顔も出していることに驚きを覚えたものです。

日本には、こんな風に当選金が積み上がっていって、何十億万円もの当選になるというようなくじはないため、いつかはこんなくじが発売になればいいのにな、と思っていました。
そのため、ロト6が発売になったことを知った時、ついにできたかという思いと、発売を心待ちにする思いでいっぱいになりました。

日本に登場したくじは、最高で4億円で、キャリーオーバー形式なのはアメリカのロトくじと同じものの、賞金を独り占めするのではなくて、キャリーオーバー額が多ければ、次の回に繰り越されるというところが、公平さを求める日本らしい、ロトくじの設定だと思ったものです。

初めての購入の時は、かなり多くの人が並んでいて、今でも順番を待つ間、ドキドキワクワクしたことを覚えています。

Copyright (C)2017ロト6を買った時の経験談.All rights reserved.