ロト6を買った時の経験談

今から8年前、私はロト6に出会いました。

ロト6を買った時の経験談
ロト6を買った時の経験談

43歳 女性の話「今から8年前、私はロト6に出会いました」

今から8年前、私はロト6に出会いました。
テレビでキャリーオーバーの金額を大々的に宣伝していて、その宣伝を見る度に、どうせ当たらないと思いながらも、買わなくちゃいけない気がしてきました。
そして1等を当てて、家を買おう。頭の中は1等が当たった時のイメージでいっぱいになり、買ってもいないのに興奮状態に陥ったのを覚えています。
買おうと決めたのはいいのですが、肝心な数字はいくつにするべきか。そこが一番悩んだポイントです。
当たりそうな数字など分かりません。ビギナーズラックで適当に選べば当たるかもしれない、でも、適当に選んで外れたら、きっと凄く後悔する気がすると、色々と数字を並べ合わせた結果、私の購入した数字は、家族の誕生日と私の好きな数字でした。

用紙に記入する時は、これが億万長者の1歩になるかもしれないと思い、一つ一つ丁寧に塗りつぶしました。
そして、店員さんから数字の印刷された抽選用紙を手渡された時の、あの緊張感。当選番号の発表の日まで、大切に保管しました。

そして、運命の結果発表、見事にハズレです。
かすりもしていませんでした。

でも、夢を見させてくれるロト6は、今でも大好きです。

37歳 女性の話「毎週ではないですが、ロト6を買っています」

毎週ではないですが、ロト6を買っています。いつも一攫千金を狙って買うのですが、新聞に出ているのを見るとガッカリといった感じで、当たっていません。
1枚のカードに5組書くことができ、それぞれ1から40までの数字の中で6個を書くのですが、書く時には頭に浮かんだ数字を瞬間的に読み取って書きます。それを5組全部書き込んで、1枚のカードが千円になるのです。

それでも、結果を見ると、5組あるうち全部を一緒に見ると結構当たっている数字があるのです。

でも、勿論、5組バラバラで当てなければならないのです。
いつも悔しい結果になります。それでも、めげずにうちの家族は買い続けているのです。

宝くじも買ったりしていますが、宝くじだと数字などが選べないため、自分で当てた感があまりないのです。
その辺、ロト6は自分で全て選べるので、当たった時には自分の勘が冴えているってことかもしれないです。

これからも、くじけずロト6に貢献していきたいと思っています。

Copyright (C)2017ロト6を買った時の経験談.All rights reserved.